苦笑えばいいと思うよ・・・(仮)
LOVEうさぎ狩りとクレーンゲームとその他の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つぶやき
今日は久々に「その他の日常」

の事でも書こうと思います。



けど、正直書く内容は

書きながら考えると思うので


「理解不能な文章」


を書くことでしょう、きっと。







でも、それでも




「何か書かなきゃいけない」




・・・そんな気がするんですよ。










なので今回は


「LOVEうさぎ」

loveusa155.jpg


は出てきませんので、あしからず。

写真は出したけど




















さて、今週は大きな事件がありましたね。

あの誰もが知る大物プロデューサー








小室哲哉氏逮捕






そのニュースに日本中の人が

驚愕したと思います。














ちなみに














僕はその日の朝、

そんな事件があったことを全く知らず

普段通り車の中で














We Love The Earth」聞いてました・・・

TM NETWORK の曲です。。




まぁ、知らない人もいるかもしれないの

TMを簡単に説明すると、

TM NETWORK(TMN)は、小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登

で構成される音楽ユニットであり、

1984年から1994年まで活動してました。

(詳しくはココで)





つまり、僕はTMのファンであり

小室サウンドのファンなんですよ・・・









ほら小室氏関連のCDがこんなに

TMN.jpg

てか、探せばまだあるし・・・








そもそも姉がTMのファンであったため

小学生の頃よく隣の部屋からTMの曲が

流れていたのを聴いていたせいか、

いつの間にか自分もハマってまして・・・





なんつーか














刷り込みですよ!

確信犯か?








つまり僕の聴く音楽の中心には

常に「TM NETWORK」があるわけです。

特に80、90年代の小室サウンドがね。


最近も某動画サイトで

『小室哲哉ヒストリー』的な番組を見ていて

「おっ、これはっ!」と思った曲が・・・













中山美穂の「50/50」

みぽりんもプロデュースしてたとは・・・







だったりしますからね・・・。














なので、今回の事件は

僕にとってかなりショックな出来事なんです。

どんなに売れなくなったとしても

逮捕されるようなことはないだろうと思ってましたし。


なんか、自分の大切にしていたものが

ガラガラと音を立てて崩れていった・・・

そんな感じもしました。


果たして今後も僕は





「TMのファンなんです!」




と言っていいものなのか、

少々悩んだりもしましたよ。




けど、ある音楽会社のサイトで

このような事が書かれていました。




「音楽に罪はない」

こんな時だからこそ、TM NETWORKや

小室哲哉さんの音楽の素晴らしさを

世の中に伝えていきたい、と私たちは思っています。






・・・その通りですね。


TVやラジオ・カラオケで彼の曲を

締め出しにかかっているこの現状。

逆にファンである僕らは彼の曲を

守らなければならないのかもしれません。


そして小室氏にはちゃんと罪を償って、

またTMのメンバーとして

復活して欲しいと心から願いたいです。

ウツや木根さん、その他大勢の周囲の人も

そう思っていますしね。






まぁ、そんなわけで手始めに

TMの曲のトリビュートアルバム

を購入してみましたよ。



コレ

TMN02.jpg

I LOVE TM NETWORK




ちなみに先ほど紹介したコメントを

掲載した音楽会社から出たCDです。


このCDには「Get Wild」が入っているんですが、

今まで数々のその曲のカバーを聞いてきましたが、

その中でもトップクラスのアレンジかと・・・。





『GET WILD / KEI KOHARA』



公式で配信されているから載せてもいいかな?



















オマケ


TMN03

昔買ったTMのメンバーが出てくるファミコンソフト







スポンサーサイト

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
夕凪さん、おはようございます。

私も一番輝いていた時期(笑)、常にTKサウンドというのがあったので今回の事件はとても残念に思っているひとりです。

マスコミなどは何か事件になると放送禁止や発売禁止などの措置をとり締め出しにかかりますが、音楽には罪はないと思うひとりです。現に、皆さんの生活にTKサウンドというのが多かれ少なかれ影響を与えていたというのは事実だと思うし・・・
作品は誰かが語り継がなくては忘れられてしまう、もっとも覚えやすくて忘れやすいものだと思います。
TKサウンドというのが一時代を築き上げたものだというのは、誰もが忘れちゃいけないことだと思います。
そして、今回の事件を反省した彼が、またどんな作品を世に送り出すのか、ファンはしっかり見届けてあげないとですよね。

・・・私の大好きなお方は、亡くなられてしまったので、もう新しい作品を作ることも歌うことも出来ません。TKサウンドのように一時代を作り上げたアーティストですが、やがては忘れられてしまうのかな?などと思うと悲しい限りです。
作品は皆さんの心の中に・・・なんて言っても、誰かが語り継がなければやはり記憶から消えてしまうでしょう・・・それは彼女の存在そのものも忘れてしまうことで、寂しいことです。
でも、彼にはまだ音楽を作るチャンスがあります。
彼は音楽バカなのだから尚更、彼が生きている証としてもこのまま終わってしまうのは音楽界全体の損失だと思います。
やってしまった罪は消せないですが、しっかり償って、人間として成長した彼を見せて欲しいです。

・・・ちなみに、私は数年前にSONYとavexから発売された作品集を持っていますヨ。
2008/11/09(日) 06:41:37 | URL | LOVEちゃん大好き #xfEiCw62[ 編集]
>LOVEちゃん大好きさん
はい、こんばんはです!

おぉ、こんなに長い文章を書いてくれたんですね!ありがとうございます♪
いや、この記事にはコメントつかないだろうなぁ~と思っていたので嬉しかったですよ!

LOVEちゃん大好きさんも青春時代(?)にTKサウンドを聴いていたんですね~。
てか、特に今の20~30代くらいの人の大半は生活にTKサウンドが密着してましたからねぇ。

そう、これから出す予定だった楽曲を控えるのは仕方ないとして、過去の曲まで制限するのは変だと思うんですよ。
作った当時は犯罪者でもなんでもないんですから!
そもそも僕は音楽は「作った人」や「歌っている人」の人格なんて関係ないと思ってますし。(あっ、もちろん「どのような思いを込めて作ったか、歌っているか」は重視しますけどね。)
だって、直接会って接したことのない人だし・・・性格なんて分からないですから。
つまり、その音楽を聴いて何を自分が感じたかがその曲の全てだと思うんですよ。
なので、作曲者が犯罪者だからといってその曲の評価が下がるわけではないと思うのです。

なのでLOVEちゃん大好きさんも言われているように、我々の生活に少なからず影響を与えた曲の数々をマスコミと一緒になって消し去ってしまってはいけないですよね。

そう、それに彼はまだ生きています!
まだまだ世に楽曲を送り出せるんですよ。
罪を償いそして再び音楽バカ(笑)として活動して欲しいですね。
そして今度は「売れる曲」ではなく「好きな曲」を作ればいいと思うのです。TMの『You Can Dance』って曲にも「好きなだけキーを叩けばいい、それがメロディ」って歌ってますしね!

そういえば、LOVEちゃん大好きさんが買った作品集をさっき調べてみたら・・・・中山美穂の『50/50』が入ってましたね。。ちょっと欲しいかも(笑)
2008/11/09(日) 18:44:20 | URL | 夕凪ゆう #no8j9Kzg[ 編集]
夕凪さん、再びこんばんはです。

青春時代・20代~30代・・・うふふっ、ま、そういうことにしときましょ(この点に関しては深く追求しないこと!笑)。

私も音楽は大好きで、気に入った曲があればそれを歌ってる人、作った人まで好きになるくらい音楽には惚れやすいです。なので、コンポーサーでも好きな人は沢山いますよ。
だから、作品を否定する考えは私も納得いかないです。

私の持ってる作品集、夕凪さん少し気になりました?ミポリンが入ってるから?(笑)
本当に沢山の作品が収録されていますよね。それに、全部一緒に歌える(笑)
「え?この曲も?」「あぁ、これこれ!」みたいな収録曲でさえ、彼の膨大な作品の中のほんのほんの一部ですものね。それだけ我々の生活に染みこんでいた何よりの証だと思います。

コンポーサーとして常に「売れる曲」を作らなきゃならなかったし、周りはそれを期待した・・・今回の事件は音楽業界全体の負の連鎖のような気がして仕方がないです。彼から「好きな曲を作る」ことを奪ったのは、今彼の作品の存在を否定あるいは消し去ろうとしているマスコミや業界そのもののような気がして仕方がないんです。

あはっ、また長々と書いてしまいました。。。何でかな・・・つい熱くなってしまいました。
決して彼の犯罪を擁護するつもりはないです。悪いことしたのは事実だし。
ただ、何が残念かと言えば、その犯罪に彼が自分の分身である作品たちの著作権を利用したこと。「それだけはやっちゃダメだったん違う?」って・・・
2008/11/09(日) 19:40:17 | URL | LOVEちゃん大好き #xfEiCw62[ 編集]
TM懐かしい 宇都宮さんと木根ちゃんはなにやってるんだろ?
やっぱりTK世代の私にとってもこのニュースは衝撃的でしたよ
アムロもTRFもともちゃんも浜ちゃんももちろんglobeもみーんなカラオケで歌ってたんだなぁってニュース見ながら改めて思い出したりして・・・あの頃若かったなぁww
あんなに凄い時代を築いてなにをどう間違えちゃったんだろう・・・。
本当に残念ですよね
2008/11/09(日) 21:46:29 | URL | あいちゃん #v2wshjV2[ 編集]
>LOVEちゃん大好きさん
はい、またまたこんばんはです!(笑)

あはっ、20~30代くらいとは書きましたが音楽に年齢なんて関係ないですから!

あっ、作曲者が誰かというのは僕も気になりますね。
その人が他にもどんな曲をどんなアーティストに曲を提供しているか調べたりもします。
これも多分この癖も小室氏の影響だと思いますけどね。(笑)

はい、僕がそのCDを気になったのはみぽりんが入っているからです!中古CDショップで中山美穂のCDを探したんですが、なかなかその曲が入ったCDがないんですよねぇ~。
けどその作品集なら簡単に見つけられそうな気もしますし、他にもちょっと古い「 TOO SHY SHY BOY」や「愛撫」や「ドリームラッシュ」が入ってますし!
ほんと「まさかこんな人まで」って人の曲まで作ってて驚きますよね!

そうですよね、少なからずマスコミも問題があると思います。
そもそも新人アーティストが「曲が小室哲哉だから」という理由だけでマスコミが過剰に取り上げ売れさせてしまったのも問題じゃないかと。
そして小室氏が下火になると手のひらを返したように小室ファミリーにも見向きもしなくなる・・。
逆に「小室ファミリー」がマイナスのイメージになってしまうような感じ。。
別に彼の曲が変化したわけでもないのに。
いったいマスコミは何をもって彼の音楽を評価していたのか是非聞いてみたいものですよ!

けどその一方で、今朝サンデージャ○ポンを見てたんですが小室氏をかばう人が結構多くて意外でしたよ。
やはり芸能人(金のある人)はお金を持っていると周囲に変な人が集まって来るのを知っているからでしょうね・・・。

けど確かに著作権まで手を出したのはショックですよ。
それは今まで自分が積み上げてきた結晶じゃないですか!
とりあえず出す予定だったglobeの曲がTMのカバーだったのをみると、TMの著作権はまだ捨ててないのがせめてもの救いです。。

なんか僕も文章が長くなってしまって・・・変だったらスミマセン(笑)
まぁ、熱くなるのはそれだけ思い入れがあったということですよね!
2008/11/09(日) 22:29:47 | URL | 夕凪ゆう #no8j9Kzg[ 編集]
>あいちゃんさん
はい、こんばんはです!

おぉ、あいちゃんさんもTM知ってましたか~。TMって人気あったはずなのに以外と知らない人が多いんですよね、何故か(笑)

ウツと木根さんはそれぞれ地道にアルバム出したりして活動してるみたいですよ!
時々ウツと木根さんとTM時代のバックバンド(?)と浅倉大介を交えてコンサートしてたりするみたいですしね。(ちなみに「We Love The Earth」のリンクの動画がぞうです!)

やっぱりカラオケではTKソングが欠かせませんよね!
みんな知っているしノリがいいし!!
少し前にglobeのメドレーをワンフレーズごと順番に回しながら歌ったらけっこう盛り上がりましたよ!

ホントこれだけのヒット曲を作った人がどうしてこんな事になったのか・・・とても残念ですよ。。
アーティストでの頼れる友人はいたけどビジネスでの頼れる友人はいなかったのかもしれませんね。
今度復活した時にはアーティスト活動に専念して欲しいですよ。多分それがファンへの償いになるでしょうしね!
2008/11/09(日) 22:51:16 | URL | 夕凪ゆう #no8j9Kzg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mistysky.blog6.fc2.com/tb.php/221-cc1163fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。